プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

試験結果発表

5年生の卒業進級試験&特待生テストの結果が出ました。
PTIはその発表会場でした。
合格発表の様子はどこでも変わりませんね。


ただ,ボードが小さく,もちろん柵なんて素敵なものもないので,集まる集まる…しかも,集まってるのは保護者ばっかり。子どもはおとなばかりの壁に阻まれてそれどころじゃく,周りで遊んでます。
誰のための発表なんだか…



どこまで行ってもバングラです。やっぱり。
この騒動のおかげで,前回書いた,学級通信(みたいなやつ)も何枚かはがれ落ちてしまいました。



今回は全国的にテストの結果が良かったよで,ラッシャヒPTIでも全員が小学校を卒業して,6年生になれたようです。
小学校の先生たちも誇らしげでした。

これが,1年生から通して同じ結果が得られるようになったら良いんです。けど,実際にはテストができなかった子や,経済的な事情で学校に来れなくなった子もいます。その中でも,もっと質の良い授業を受けることができたなら,ついて行くこともでき,上のレベルを目指すことができた子もいたと思います。
そういった意味で,小学校の中でもそれを卒業した後でも,上のレベルの教育を受けられるのは「選ばれた者」的な感じがして,どうしても素直には喜べないのです。「全員合格」の裏には,その前に切り捨てられた子たちが多くいるからです。
まぁ,5年生から上に行くにしても,多くが合格できたのは,そのすそ野が広がっているということかもしれませんけどね。
ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

19-2送別会

19年度2次隊の送別会がありました。

先輩隊員を見送るのは4回目ですが,今回は今まではちょっと違う感じでした。

来た当初,もちろんみんな先輩だらけ。
その中でも,この辺の隊次からはやっぱり距離が近かったり,一緒にバングラ活動をしていた時間も長いだけあって,その分寂しさもひとしおでした。

同時に,もうすぐの自分の番だなとも思って,こんな時間を過ごせるのも,こんな仲間と過ごせるのもあと少しだなと思ってみたり,まだ始まったばかりの自分の活動を改めて思ってみたり。

なにはともあれ,また隊員が去り,新しい隊員がきました。
もはや,僕はバングラでは古株に分類されそうです。

19年度2次隊のみなさんそして,半年の任期延長をしたあみちゃんお疲れ様でした。
おかげさまで,とても楽しいバングラライフが過ごせました。

ようこそ,21年度2次隊のみなさん。
ボリシャルlife |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

ディナジプール・ラルモニアハット

2日目は,ディナジプールから,ラルモニアハットへの旅。
まずは,ディナジプール観光から。

ヒンドゥ教のカントノゴル寺院。
この寺院自体,バングラのヒンドゥ寺院の中で「一番美しい物の一つ」と言われるだけあって,さすがに素敵でした。





その前に,まずはそこに至るまでが素敵。





バスで中心地から離れ,さらに小さな皮をノウカ(小舟)で渡り,さらにこれぞバングラな田園風景をちょっと歩くと到着。




途中遭遇した,犬ならぬヤギ連れのチャリの兄ちゃん。こんなのもバングラならではです。




到着すると,入り口にはチケットを販売するような机が。けど,料金いらずのエンターフリー。中には,管理人?みたいなおっさんがいて,プジャ(お祈り)のお供え物をくれたりする,親切な人でした。





彼が寺院のことについて案内いてくれたんですが,残念なのは,自分がヒンドゥ教についての知識あかなり薄いこと。なかなか理解できなかったんです。




寺院自体には,きれいなテラコッタが飾ってあって,ヒンドゥの教えや物語を伝えるものになっています。




もうちょっと寄り道してから,今度は,バングラの北の果て,ラルモニアハットへ向かいました。

写真は寄り道したラズバリ。


その裏で,人だかり発見。


音楽も流れてるし,テレビを見てるのかと思いきやどうも違う。よく見ると,ラジカセに合わせて歌って踊る人あり。



スタッフはビデオカメラにラジカセの二人,口パクで歌って踊る人。これぞバングラ流プロモ撮影。こんなに手軽にプロモ撮影できるんですね…



乗り換えいらずの一本でいけるはずだったので,電車でGO。


けど,エンジントラブルか何かで待つこと待つこと。2時間以上。
走ってれば風もあるし,車内も涼しいけどトラブルのせいで停車。とにかく暑い!!日も照ってるし,焼けること焼けること…



駅に止まってからいつ動き出すかも分からないので,電車を乗り換え,バスでGO。それも,断食中で,本数が少なく,バス to バスの乗り継ぎもうまくいかないこと,いかないこと。
結局着いたのは9時過ぎだったでしょうか。家を出たのが,朝8時過ぎだったから,まるまる半日の旅でした。疲れた!!!

ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ボリシャル

ボリシャルに帰って来ました。

車の都合とはいえ,引っ越しに2泊3日の強行軍。

まずは,職場にあいさつ。






何をしようとしなくとも,多くの時間を過ごしたこの場所。来る前にそこまでの寂しさを感じなかったのは,単に実感がなかっただけだと気付く。

相変わらず適当なことばっか言ってる人はいるけど,それでもまた会えたことが嬉しいし,「同僚」とは呼んでくれなくても,「家族」として呼んでくれたことがとてもうれしい。

「何で行くんだ?」

「もう大丈夫だよ。」

そんな言葉をかけてもらえたけど,
「ごめんね…」としか言えないし,何よりも,こんなことになってしまったこと。たくさんのものをもらいながら,自分からは何も返すことができなかったことが本当に申し訳ない。

仲が良かった人,お世話になった人にお別れを言って,
買値の半額以下で家具等を売りさばき,それでも積み重ねた荷物の意外な多さにびっくりしながらも9ヶ月くらい住んだ家を片付けて…
部屋はからっぽ。

仲良くしてもらった,大家にも,下に住むラカイン族の家族にも挨拶して。




「ボリシャルlife」が終わりました。


出発の前の夜には,1番お世話になった同僚の家で夕食をごちそうになり,お別れ。
この家族,本当に暖かく,好きだったなぁ。
また,会いに来ます。







ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

コックスバザール

今回訪れたのは,バングラきっての観光地,コックスバザール。



コックスと言えば,世界一長いと言われる海岸線が名物。
って言っても,雨季の時期に観光目的で来るわけもなく,次の職場を探しにきているのです。





残り1年の活動期間の中で,と考えると,やる環境はとっても大切。どこに赴任するか,事前に調査です。
ということで,しばらくは,任地の変更先を探す旅に出ることになります。


コックスには,同期の教育隊員もいるのですが,赴任する場所としては違うので,問題ナシ。何より,今回は同期の勧めもあって見に来たのでした。

さて,コックスバザールPTIはすごかった。

まず,小学校。

子どもが朝授業が始まる前に教室やその前を掃除している。バングラでは,「掃除をする人がいるから」ということで,“自分で”という意識が低く,子どもが自分たちで掃除することなどバングラでは奇跡的と言って良い。
ある先生は,子どもたちをよく観察し,よく誉める。そして,怒鳴って注意するのではなく,目で指摘する。

PTIでは,テスト中,誰1人として携帯を机の上に置くこともしていないし,インストラクターも外で話したり,出歩いたりしていない。
もちろん,校長と一緒に行ったわずかな時間だけだから簡単には言えない。
けど,いろいろなところに,意識の高さ,認識の違いを感じずにはいられなかった。


きっと、校長の違いだけではない。
けど,絶対的な力を持つ校長。彼を,良い意味で使い切れなかったのは,失敗だったなと思う今日この頃。



写真は,海岸でみかけた一こま。バケツの中から,エビの赤ん坊を探していまう。集めて養殖するそうな。
にしても,この赤ん坊,水の中にいると茶色の気の棒にしか見えません。それを素早く仕分けていくこの少年,ただ者ではない。
ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP