プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

今日のこと

教師の仕事ってなんだろう。

今日はPTIの試験の日。
前日には教室を掃除し,机をきれいに並べます。その様子は日本のそれと変わりません。しかし,試験が始まると様子が変わるんです。
どこからか話し声が聞こえ,後ろを見ては答えを見る。
その姿に悪びれた様子は全くありません。

カウンターパートに,
「日本の試験もこんなふうにするのか?」
と聞かれ,
「同じだけど,話したり,後ろを見たらすぐ外に出ることになります。」
(ちょっと大きめの声で)
「TRAINERも,同じで,試験中は静かにしなきゃね。」

ちなみにこのカウンターパートさん,携帯問題への進言以来,授業中に携帯の音を切ってくれています(エライ!!!!)。また,授業前に携帯についての注意をするなど,本当に素直に受け入れていただいてありがたいです。


PTIで試験をひたすら見ていても仕方ない。と思い,他の教室を見つつ,小学校を目指します。
(バングラ同期のブログを見ると小学校も試験期間だったらしい…)
他の教室では,率先してTRAINERが大きな声で話しています。同じことを伝え小学校へ。

***********************************************************************

2年生は英語の課題をやるための時間。

いつもより子どもの数が多く,イスなしで勉強してる子どももいる。
先生が,できた子どものノートを集める。
そんな中,渡さない子ども。
見てみると,全然書けてないんです。

「意味は?」「読み方は?」

と聞いてみても,分からないこともあり,萎縮して言葉になりません。
“Now”の読み方と意味を教えても,そもそもベンガル語で書けない。
そのうち,先生が来て言いました。
(この先生は小学校のパートナーでもあり,授業を頑張っている先生です。)

「RYOJI,この子は勉強好きじゃないし,したくないのよ。全然できないわ。」
…子どもの目の前でそんなこと言わなくても。

教師の仕事ってなんだろう。


「毎日来ないの。父親はリキシャワラで,母親は店で働いてるから手伝わなきゃいけないし,毎日これない。親にも来させなさいって言ってるのに。」


昨日は,体調が悪いと言って,女の子が職員室に来た。聞くと,朝口にしたのは,紅茶と米のお菓子だけ。
「RYOJI,大学で人権の勉強したんでしょ?この子の人権はどうなるの?」




教師の仕事って…

日本では,勉強だったら,子どもが理解できるように教えること,それを諦めないこと。僕は去年,それを思いながら働いた。
しかし,ここでは,教えることよりも以前の問題が数多くある。

教師の仕事ってなんですか?


正直,協力隊に応募した動機の中に「貧しい人たちを助けたい」なんてものは,自分の中にありませんでした。自分なんかが,とも思ったし,そんなこといきなり第3国から来ておこがましいと思ってたからです。

ただ,今,この子たちを目の前にして,初めて,


「なんとかしたい」


と思ってます。



今日はそんなことを考えながら,自分の無力感を思いつつ,だいぶ落ちてました。
ボリシャルlife |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP