プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

ハティア島

本日,ハティア島から帰って来ました☆

夜,9:00発の船に乗り,翌朝6:30(確か…)に到着。
乗ってきた船は,2等客室で4人部屋だったんですが,思ってたよりもだいぶきれいでした。ただ,テラポカ(ゴキ)が…入った瞬間から,目の前をうろちょろしてます。こっちのゴキは日本よりでかいですが,気候からか,その国民性と合わせてか動きが日本のそれよりもゆっくりしていて,それが唯一の救いです。。




どのくらい多かったかと言うと,入ってすぐに3匹を仕留め,外に出るときに殺虫剤をまいてもらい,締め切って1時間。帰ってくると,また大物が3匹ほど死んでいる。といった感じです。
虫除け用のチョークがこっちでは売られていて,入って来ないようにすることができるのですが,最初っから入ってる敵には効果なし。ばっちりベッドにも…寝るときに足に張り付いてくるし,寝る直前になかなかやってくれます。




さてさて,今回のリトル旅は,そもそもボリシャル日本人会会長のハティア島にあるサイクロンシェルターを見に行こうというところから始まりました。
実は,僕の参加は当初予定になく,希望を伝え,半ば強引に参加させていただきました。








ハティア島には,サイクロンの際の避難用のシェルターが各国の赤十字やJICAなどの団体によって多く立てられています。



建築段階では,手出しはするものの,運用段階では完全に委託され,普段は学校や公民館のような場所として運用されているようです。




ご存じの方も多いかと思いますが,ハティア島はバングラデシュの南東に位置している島で,「移動する島」として知られています。北側の川で島の北部が削られ,南部に土壌が堆積していくため,結果的に「移動する」ことになるんです。けど,島が「移動」してはいても,これは「ひょっこりひょうたん島」ではないので,削られていく土地に住んでる人はまた違う土地へと移動しなくてはいけません。
今は乾期に向かっているから





この旅では,時間の都合と,旅の趣旨から南部を見に行くことはできませんでしたが,確実に削られている土地を見ることはできました。同時に,もうすぐ海になる土地に住んでいる人たちの家も。
雨期になれば…


真偽のほどは分からないけど,この「移動」は地球温暖化が一因として考えられるのことを帰ってから,ネットで読みました。

僕らが,彼らの土地を奪っているんですね。
無くしたくない笑顔



夜はNGOのホステルに宿泊。ここが期待以上にすごいきれいでびっくり!!
ベンガル料理も◎

さて,帰宅した今朝は,ハティア=ボリシャル間の直通の船が無いこともあり,朝4:30に置き,停電の中水を浴び,5:30に出発。

…遅くなってきたので,この続きは明日書く。と思います




ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP