プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

チョンドロモホン

最近,気持ちが行き詰まってたと思う。

休みの使い方が上手くないんだな,きっと。考えてみたら,こんな長期な休みを完全にもらったなんていつぶりだろう??
少なくとも,部活をしてた高校から大学にかけてはなかったな。中学の時も,自分の判断で過ごすっていうことはできてなくて,ただ,何となく過ごしているだけだったと思う。

「自由」ってことの難しさを改めて知る。
けど,これが活動なんだなと思う。この自由の中で,個人が考え,何をするのか,それが個人の意志と行動に委ねられている。しなければ,しないで2年間はあっと言う間に過ぎる。したらしたで,もっと早く2年間は過ぎる。全ては自分次第。


何かをしなくちゃ,外に出なくちゃ。って言う焦りばかり。焦っても仕方ないって分かってんだけどね。

何か行動をすればいいのだけど,お金がなくてそこまで遠出はできない。
何よりも,すべきことが終わってない。
けど,気持ちは行き詰まってるから進まないし手に付かない。

どーせ家にいても,すぐには手を付けない癖に,離れることに不安と罪悪感を感じるから,ただ何となく家にいる。っていう悪循環…


…っと言うことで,思い切って,ベンガル人の友だちのいる村に行ってきました。ボリシャルからロンチ(船)で2時間。チョンドロモホンデトリアという村にです。

村はホントに時間がゆっくり流れてました。
普段の町での生活が嘘のような静かな空間で,また,緑が本当にきれいな場所。




何かに追われているような焦りがあった自分が,とてもゆっくり深呼吸ができて,「あぁ,こういう所に来たかったんだな。」って思えました。



ボリシャルは南部に位置することもあり,漁師が多い町です。この村でも,たくさんの漁師の姿を見ることができました。



今回は,ひたすら村を歩いた。って感じで,何もしてないんですが,子どもの,無邪気さ,純粋さというのを強く感じました。



もちろん,村の子どもたちは外国人を見たこともなく,友人の家にいると,子どもたちが集まってきます。その様子は,さながら動物園。日本の動物たちの気持ちがよく分かりました。子どもたちは本当に不思議そうな顔で僕を見るんです。

ひたすら歩いただけで,ちょい疲れたけど,突然牛の乳搾りの実演が目の前で始まったり,静かで,きれいな景色が見られたり。良い時間でした。




けど,洪水の影響か,明らかに土が削られてる様子が見られたり,雨期には道が膝上まで冠水してしまうとかいろんな様子を知ることができました。




中でも,子どもが働いてる姿を見て,
「ryoji,あの子はクラスの子どもなんだ。普段ああやって働いてたら,勉強なんていつやるんだ?やっぱり,お金が必要なんだ。」




突然,村に泊まることになり,夜。

「明日,イード(断食明けのお祭り)だ」
って噂が。
それは困る!!イードなら行かなきゃいけない家もあるし,お祈りも見たい!!

友人は違うって言うけど,みんな言ってることが違うから話にならない。
結論は…
誰も知らなかった。
1日に月が見られれば,1日で,見られなければ2日だそうな…
なんと予定のたてにくい…


トイレです。

生ゴミとかを埋めとく山。田んぼに使うらしい。



ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP