プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

ダカから帰りました。

首都ダカに行ってました。
今月もう2回目で,来週は健康診断がありまた行かなくては。バスで,片道約8時間の道のりは慣れてきたと言えどもなかなかなものです。

今回は,教育隊員とダカのPC隊員で作っている算数ドリルのためのもの。
このために,みんな何回も時間もかけてベンガル人の先生たちと話し合って,何度も首都で話し合ってきました。内容もかなりできてきて,いよいよ次の集まりは最後になりそう。先輩隊員が発案し,自分たちの着任前から動いていた企画がようやく一段落を迎えようとしてます。

最初は,先生たちとドリルについて話し合うことがかなりしんどかったものの,繰り返すにつれて,自分の語学力も上がって来た気がするし,何より話し合う時間が増えたことはかなりの収穫☆
実際,提案し,投げかけて話し合っていくことを通じて,互いの考えも伝わってきたし信頼関係もできてきたような気がします。

***********************************************************************

さてさて,今日の帰りのこと。

バスに乗って,5分ほどした時のこと。
エンジンが静かになり,左に停車。運転席近くのふたを開け,修理をし出す。そのうち外に行っても修理し出して,10分くらい経って出発。

その後,バス会社のオフィス前で再停車し30分後再出発。

…これが全ての始まりでした。

40分以上の遅れを取り戻そうと,必死になるドライバー。

以前にも書いたように,バングラのバスは生命の保証の無い天然ジェットコースター。普段でも,片道1車線で両脇にはリキシャ・その他小さい乗り物が通ってる道をばかでかいバスが我が物顔で走り抜けます。

それに加えて,今日は40分の遅れ。そしてそれが爆走のきっかけに。
片側1車線の道を,前に4〜5台,対向車も100〜200?先に見えてる状況で,クラクションを鳴らして右車線と左車線をギザギザ走行。
「本当にヤバイ」ってなると急ブレーキかけて左車線に入ってみたり,けど,左車線に車走ってたり…2車線なのに車3台みたいな。

「暴走バス」とはまさにこのこと。

写真もビデオもないので伝わりにくいかもしれませんが,イメージとしては,車線変更と急ブレーキを繰り返すカーチェイスを単独でやってると考えて下さい。もちろん対向車ありで。

繰り返しますが,バングラバスの危険さは今に始まってのことではないですい。が,さすがに慣れてきた自分でも今まで以上にせっぱ詰まった身の危険を感じました。

ヤバイって思ってると,突然,怒鳴りながら運転席の壁に勢いよく突進する足。
何かと思うと,後ろのベンガル人が我慢仕切れずについにキレてた。
その怒鳴り声のおおまかな内容は,

「ふざけるな!!殺す気か!?!?ゆっくり行け!!」

って言う分かりやすいもの。
今にも殴りかかりそうな勢いだし,マジギレだったのでさすがに止めました。が,言ってることは確実に間違ってない。

地元ベンガル人が運転手に対してキレているのは初めてみたし,慣れているはずの彼らがキレたっていうだけで,いかにその運転が自己中心的なものであったかが分かると思います。

ハッとした。
危ないと思ったら言わなきゃ。
黙ってて殺されたらたまらん。

その後しばらくは,いつもの運転(でも危ない)に戻ったもの,段階的に調子を戻していくドライバー。しかも,さっきの勢いにさすがにびびったらしく,バックミラーをちょこちょこ見ながら明らかに後ろを伺っている。
しかも携帯で話し出すし。

その卑怯さに腹が立ったこともあり,
1番前に座っている恐怖感と責任感もあり,
後ろのベンガル人に止められつつも,ドライバに何回も声かけ。
「まだ分かんないのか?」
「ゆっくり行け」
「前を向け」

注意してすぐは,いつも通りの運転(やっぱり危ない)になるものの,すぐに今日の運転に戻る。その繰り返し。
イタチごっことはまさにこのこと。

暗くなると,さすがにまとも(でも危険)になったものの,それまではイタチごっこの繰り返し。
疲れた…

次に来るときは船か飛行機がいいな。


ボリシャルlife |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP