プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

掃除2

今日は掃除の日。

前回もちゃんと掃除したのに,いつの間にかもの凄い汚れて散らかってる。
そして,自分たちで片付ける…
この矛盾と無駄な手間にいつ彼らは気づくだろう。

前回の掃除は,Traineeに呼びかけたり見せたりしたけど,今回,掃除を始めようとしたら子どもが結構いる。

「これはチャンス!!」と思い,全員集合!!…と行くわけもなく,少しずつ集まってくる子どもたち。
片っ端から,半ば強引に声かけ。
「ここ,すごい散らかってるよね?全員できれいにするよ!!」

最初は及び腰だった子どもも,やる気な子に連れられて掃除に参加してくれたり,ほうきを自分で持って来てくれたり☆
大人より,かなり積極果敢。基本的にノリは良いんです。

掃除が終わる頃,今回の掃除の目標の一つを声かけしてみた。

「みんな,きれいな所と,汚いところどっちが好き?」
「きれいなところ〜!!」
「でも,ここ汚かったよね。どうして?」
「ポイポイ捨てるから…」
「そうだね。じゃあきれいに住むためにどうしたら良い?」
「いつも掃除する!!」
「そっか〜。じゃぁ,いつもきれいに過ごすためにはどうしたら良い?」
「ポイ捨てしない!!ゴミ箱に捨てる!!」
「そうだね〜!!」
「でも,捨てるの男の子たちだよ。」
「じゃあ,友だちが捨ててたらどうしたら良いかな?」
「注意する!!みんなに教えてあげる!!」
「そうだね〜」

とまぁ,うまくまとまった気がしてます。少しずつでも,考えたりしてくれたらうれしいな。

写真は,掃除精鋭部隊。

ボリシャルlife |  コメント:1  |  トラックバック(-)
TOP

エクシェ・フェブルアリー

2月21日のことです。

この日は,バングラデシュにとって特別な日。UNESCOからも,「国際母語デー」として,認められています。
1952年。当時,東パキスタンであったバングラデシュの人々は,ウルドゥー語を公用語にしようとするパキスタンに対して,反対運動を起こしました。それに対し警官隊が発砲し,4人(確か)が死亡したのが,この日を制定することになったきっかけです。
各地には,この日を記念してのモニュメントが置かれ,教科書の中でも度々取り上げられることから,誰しもが知っている記念日と言えると思います。ベンガル人の,ベンガル語への誇りを示す日でもあると言えるかも知れません。

そんな特別な日。
ダカ大学で,ソーラン節を踊る機会を得ることができました。
踊り始めたのは,今週から。
全体で合わせたのは前日,夜。
ステージを使ったのは…本番のみ。

けど,みんなと協力して表現するという作業は楽しいし,何より,「表現する」そのこと自体が楽しかったりで,とても楽しむことができました。

ミスったりもしたけど,声だけは出して,楽しめたから◎

21日当日には,同期が全員集合して,タンガイルでも踊りました。
屋内で照明の付いたステージで踊ったダカに比べて,場所は屋外。段差もなく,地面で。っていう環境だったけど,「リベンジ」に燃えた。衣装は男女別で気合いも入って。自分の中では「リベンジ」完了。

うん。楽しかった!!

前日には,ミスティ(すごい甘いお菓子)と「おいしい,オイシイ」ケーキを同期からいただき,プレゼントもいただきました。
すごい素敵なこの3〜4日。
みんなに感謝です。
ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

カウンターパート復活

算数のカウンターパートが復活しました。

前回,「退職した」というのは本当のことで,実際,出勤簿にも横線がバ〜っと入るようになりました。しかし,サーからの特別の要請で,まだ授業を持ったりはするとのこと。
「だから,ryojiには言わなかったんだよ。」
と笑われてしまいました。



確かに,現状のボリシャルPTIでこの人が抜けたら絶対に仕事回らないよな〜という感じなので,サーの要請は大正解ではないかと思います。
ただ,アメリカに行ってからどうなるかは…???それくらい,このPTI組織は彼女に依存しているんです。で,外に出る機会も多いので,話す機会や,授業を行う機会がとても少なかったり…


風の噂で,実験校に新しく赴任してきた先生たちが,また元の小学校に戻るかもっと言ったことを聞きました。
「おいおい…またかよ。はっきりしてよ。」
と思って,他の人に確認すると,
「はっはっは。それはないよ」
とのこと。

う〜ん。情報に踊らされています。自分。
ボリシャルlife |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

バレンタインディ

そう。

今日はバレンタインディ。
2〜3日前から,周りが何かそわそわしてる。
「ryoji!もうすぐ14日だよ!!何の日か知ってる!?」
まさか,バランタインのこととは思わず,
「知らない。何の日?」
「バレンタインだよ!!ryojiはどんなバロバシャと過ごんだ?」
「1人に決まってるじゃん。家にこもるよ」

これ以降も続く続く,バレンタイン話。
中には,何かおごってくれと催促してくるやつまで。

「日本では,女が男にプレゼントするんだよ。」
って言うと,
「じゃあ,私がおごるわ」って…
「いや,いらない。」

こんだけ,うきうきできるのにもびっくりですが,何より,イスラム圏でバレンタインの習慣があることにさらにびっくり。もともとは,キリスト教習慣であったとは聞いていたけど,まさか,バングラでもあるとは…

その辺を,ベンガル人の同僚に聞くと,
「良いことは真似していかなきゃね☆バロバシャ(愛)のことはとてもすばらしいでしょ?」って。
まぁ,そうだろうけど…その精神がもっと多方面で生きてくれば,この国も少し変わるのに。

ちなみに,イスラムの厳格なサウジでは,厳罰化の方向で進んでいるらしい。by Wiki


ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ここ数週間

いろいろありました。

1月はずっと体調悪くて,さっそく目標の達成が危ぶまれたり,子どもの現状にそぐわない授業をしてしまったからか,なかなか授業がうまく行かなかったり。「見に来てくれ」「サポートをしてくれ」と頼んでも,誰も来なかったり。

小学校では,変わった先生たちがなかなか揃わず,なかなか授業が始まらなかった…かと思いきや,いつの間にか授業始まってたり。かなりコミュニケーションの取れていた,前の先生と同じ感じでしゃべり,意見を言っていたら,雰囲気を悪くしてしまたり。改めて,関係性の大切さ,「何か」を成果を見据えて伝えることの難しさを知りました。「謙虚さ」。自分が一番心に留めておくべく言葉を忘れていたような気がします。

PTIでは,試験のルールを決めたは良いけど,Trainer自身が試験中携帯で話したり,前でくっちゃべったりでしっかりと見てくれず。自分は「うまく“バランスを取りながら”けじめを付けたい。」と思いつつも,相手には受け入れられない部分らしく,関係が悪くなったり。正直,試験を見に行くのが嫌にもなりました。
しっかりとやってくれていたのは,理科のカウンターパート(サリー買いに行った人)だけでした。彼は,仕事をしない同僚にキレまくりで,最近二人になると高確率で愚痴ってます。
逃げたくもなったけど,何かうまくいく方法を見つけようと悪戦苦闘な日々。結論は,勝手にルール作ってといていきなりうまく行くわきゃない。今まで積み重ねて来たものが多分にあるんだし,ゆっくり,ゆっくり。って当たり前なこと。

さて,前回ブログで「もっと話して行こう。」と書いた算数のカウンターパート。一昨日で退勤でした…。「息子夫妻が働くアメリカに行く」という話は聞いていたので,「退勤する」という事実は知っていたのですが,アメリカ行きは5月か6月のこと。それまでは…と勝手に解釈していました。聞けば,周りの同僚も前日に知ったとのこと。「なんじゃそりゃ??」いくら,変更や全ての情報が土壇場なバングラでもさすがにそれは…本人も言ってくれなかったしなぁ。寂しい。

若干,目の前が暗くなった瞬間でした☆

けど,確かに,「アメリカに行く日」を質問はしても,「PTIをやめる日」は聞いたことなかったわ。

前回お伝えした運動会(仮)は,意外に大きなイベントになりそうで,昨日(木曜)も授業なしでひたすら練習してました。来週も授業がないのでは…?との噂です。
ボリシャルlife |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP