プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

大差。

大雨です。

職場が終わった直後,空がどんどん暗くなり,冷たい風がびゅんびゅんびゅん。
チャドカンのおやじさんは,「降るかもね〜」とのんきなことを言ってましたが,雷も鳴ってたし…

ええ,今大雨です。
外は真っ暗,雨ざーざー。何より,風が強い。

**********************************************************************

一昨日まで,算数(おばあちゃんじゃない新しい先生)・理科のカウンターパートたちが,モイモンシンというバングラの教育の中心となる町で研修を受けていました。一時は行こうかと思ったけど,時間の関係と,彼らの持ってくるものを信じて,今回は遠慮。

そして,一昨日。

その答え合わせの日がやってきました。
理科のカウンターパートは,学んだことの中から,新しく仕入れた評価への知識,また,授業の中で必要とされる要素を教えてくれました。
そして,PTIの現状で「授業の実践的学習の少なさ」「実際にTraineeが授業をする機会のなさ」を問題点として挙げてくれました。

例えば,先生たちの質向上のための施設である職場のPTIですが,その主な授業内容は,算数や理科に関する基本的な知識についての授業であり,それも,「教え込み」である場合が多いです。まぁ,根本的な知識が不足していることも事実…
そして,実際に模擬授業をやる機会はほとんどなく,実習で初めてということがほとんど。

この2点は,隊員の間でも問題点として挙がっていた点であり,どうやって活動の中で改善していこうかというのが,一つのテーマでもあります。そういうところを自分から指摘してもらえたって事実に感動。
彼が見つけた,問題点をどうやって改善していくか,それを話し合うのがこれからのテーマ。

そして,算数。
彼は算数が専門ではないこともあり,かなり不安はあったんですが,はたして…
聞いてみると,
「はっは〜,たくさん勉強したよ。何が問題かもばっちりだぜ!!!
…まぁ,ちょっと分かんないとこあったけどね。」

そして,出てきたものは。
分子と分母の名前。公約数の探し方。通分の仕方。1あたり量と考え方と出し方(多分ちゃんとは分かってない)…って感じ。
う〜ん…同じ講座受けてこの差は?

けど,今まで,難しいやり方しか知らなかったけど,もっと簡単なやり方があったんだ!!ってことに気づいてくれて良かった。この気づきを大切にして,伝えられたらと思います。

「いろんな教え方があるんだね」って。まとめました。

けど,流れで,3桁の割り算をやって見せたら,「繰り上がりを上にメモとして書くのは正しくない!!」と。ゆっくり説明したら分かってくれたけど…

ボリシャルlife |  コメント:3  |  トラックバック(-)
TOP