プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

任地変更

任地の変更が決まりました。

あの電話以来,ボリシャル外での待機が命ぜられていました。
ここまで,バングラのJICA職員,調整員さんを始め,バングラの警察にもお世話になり,調査していただきました。


結果。

職場である,PTIの生徒2名が逮捕されるということになりました。

原因は,簡単に言うと僕が作ったテストのルールへ反発。

確かに,2シフト制でやっているうち,今回事件が起こったシフトに対しては,時間と自分の力不足で説明不足だったことは明確。授業中に説明する時間をもらえず,悔しい思いをしたことを思い出したりしました。

そして,自分のこだわりから,強引さや傲慢さがきっとあったことも事実。
もちろん,それに対する反発も大きく…

一方で,PTIに来た当初から繰り返し説明してきたシフトでは,こちらの意図を理解してくれる人も出てきていた。
それだけに,今回の事は本当に残念。


本当は,問題だらけの試験の中に公正さ取り込むためのはずのものだった。受益者はトレイニーのはずだった。
インストラクターの好きなように罰を与えられたり,大声で話したり,そういったことをなおしたかった。上に立つ者が絶対的強者であり,自分の行動に対して公正さを欠くのがこの国の問題点の一つ。
だから,同僚のインストラクターたちに協力してもらうために,そういった意図は明らかにせず,とにかく協力だけを求めたし,特に強制や,試験中に同僚へは注意も強くはしなかった。同僚に受け入れてもらえなければ,意味がないと思ったから。

けど,トレイニーへの気遣いは不十分でした。
だから,こういう結果が生まれたんです。

同僚には,とにかく友好的だったけど,自分より年配のトレイニーたちに対して,無遠慮だったと思う。
もちろん,やってきたことは間違っていたとは思わない。けど,それがどんなに「良い」ものでも,「正しい」ものでも,公正なものであっても,現地の人たちに受け入れてもらえなければ意味がない。彼らには,彼らの築いてきた歴史があり,重ねてきたものがある。それを外国から来た若造が一気に変えようとするから無理がくる。
それを忘れていた,自分のやってきた活動への一つの評価がくだったんだなと思います。今は,起こったこの結果を受け止め,次の任地へと気持ちを切り替えていきます。

もちろん,少しずつうまく行き始めていた活動,できていた関係性,友人。それらを置いていくのは,本当にショックだし,悔しい。
けど,そこまで,強い感情が表面化しないのはなんでだろ。

反省はして,次に向かうのみ。


ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP