プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

ラッシャヒ

我が町,ラッシャヒ。






任地を変更して早くも半年経つのに,あんまり知らない我が町ラッシャヒ。
理由は諸説ありますが,ここでは触れません。

さて,ラッシャヒ。

場所は,バングラの北西部(ダカの真西よりちょい北)に位置する中都市。地図を探すのがめんどいので,自分で探してみてください。
英語で書くと,Rajshahiで,ベンガル語でもその通りだけど,実際にはJは発音せず,みんな「ラッシャヒ」と言ってます。

ラッシャヒの名物は,なんと言っても夏季のマンゴーとリチュ(これベンガル語。英語なんだっけ…)夏がくそ暑く,冬がめちゃ寒いと言われるラッシャヒではとにかく,果物がうまいんです。試しに,ダカマンゴとラッシャヒマンゴを食べ比べましたが,その差は歴然。帰国直前ギリギリにまた食べる機会があるので,楽しみです。

ラッシャヒを中心とする西部(ラッシャヒに住んでるので)は,言葉がきれいなことでも有名。バングラデシュってくくりで見ると端っこだけど,ベンガル地方ってくくりだと真ん中になります。なまりがちょっときつめで知られるボリシャルと比べると,一目瞭然。とっても聞き取りやすく話してくれます。

また,言葉の本来のみだれだけではなく,性格的にも激しいと言われるボリシャルに対して,自称するだけあって,比較的性格おとなしいと言われるラッシャヒ。実際,ラッシャヒでは事件が少ないらしく,「シャンティ(平和)」な街を結構誇りにしている感がよく伝わってきます。ただ,こないだ,隣の建物の家で拳銃強盗が起こってて,実際のとこはよく分かりませんね。

ただ,言葉から来るのか,性格的なものかは分かりませんが,話した時の反応の違いは大きく感じます。自分のベンガル語も前より,優しくなったって言われるし,実際そう思います。言葉に関しては,他の理由も考えられるけど,環境的要因も大きいのは間違いなし。

ラッシャヒは,学生の街。
最初に来てびっくりしたのは,若くておしゃれな人が多いと言うこと。


バングラでは有名なラッシャヒ大学,カレッジ,医療大…等々の学生が多いからか,若者が生き生きしてると思う。地方の小さい都市ではなかなか見られない,カップルの姿もレストランで見られたりするんです。
だから,こんなライブやファッションショーもあったりする。若者が多くいて,また彼らが活動できる環境じゃなかったら,こんなのもないですよね。
今回は行きそびれたけど,次があれば行きたいな。

あと,ラッシャヒにはポッダ川(ガンジス)もありますよ。
写真は今度載せます。

そんなこんなの,我が町,ラッシャヒ。今までのことをいろいろと一辺に書いちゃいました。このブログも滞りがちですが,ラッシャヒのこと,活動のことぼちぼち書いていきます。
ラッシャヒ |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP