プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

エクシェ・フェブルアリー

2月21日のことです。

この日は,バングラデシュにとって特別な日。UNESCOからも,「国際母語デー」として,認められています。
1952年。当時,東パキスタンであったバングラデシュの人々は,ウルドゥー語を公用語にしようとするパキスタンに対して,反対運動を起こしました。それに対し警官隊が発砲し,4人(確か)が死亡したのが,この日を制定することになったきっかけです。
各地には,この日を記念してのモニュメントが置かれ,教科書の中でも度々取り上げられることから,誰しもが知っている記念日と言えると思います。ベンガル人の,ベンガル語への誇りを示す日でもあると言えるかも知れません。

そんな特別な日。
ダカ大学で,ソーラン節を踊る機会を得ることができました。
踊り始めたのは,今週から。
全体で合わせたのは前日,夜。
ステージを使ったのは…本番のみ。

けど,みんなと協力して表現するという作業は楽しいし,何より,「表現する」そのこと自体が楽しかったりで,とても楽しむことができました。

ミスったりもしたけど,声だけは出して,楽しめたから◎

21日当日には,同期が全員集合して,タンガイルでも踊りました。
屋内で照明の付いたステージで踊ったダカに比べて,場所は屋外。段差もなく,地面で。っていう環境だったけど,「リベンジ」に燃えた。衣装は男女別で気合いも入って。自分の中では「リベンジ」完了。

うん。楽しかった!!

前日には,ミスティ(すごい甘いお菓子)と「おいしい,オイシイ」ケーキを同期からいただき,プレゼントもいただきました。
すごい素敵なこの3〜4日。
みんなに感謝です。
ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する