プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

特別な存在

「彼」は「特別」な存在。
 

だから,「彼」に会うときは,普段と違う意識を持たなければならない。


「彼」は「特別」な存在。


だから,話しかけてはいけない。


大変,失礼らしい。


だから,報道の中でバッシングを受けるのは許されない。


じゃあ,「彼」じゃなければ報道の中で汚いバッシングを受けてもいいの?

彼以外は報道の中で,プライバシーを侵害されても仕方ない??


「特別」であるが故に「普通」が持つ権利も持つ「必要」がなく,そういった意味でも彼は「特別」である。


今,自分は「普通」であることに喜びを感じる。


「普通」に人と,友だちと,仲間と対等に話せることに喜びを感じる。
これがなかったら,自分はどんなにか不安だろう。


社会的に「特別」であることはどんなに孤独だろう。


「自分」は「普通」だけど,他に自分はいないからそれだけで特別。「普通」で,「自分」でいるだけで特別な自分で良かった。

そもそも,その「普通」であることに対して「特別」が必然的にある自分たちと,「特別」であることに対して「特別」が付与される彼らとは何が違うの??
 
そういう運命??

生まれがらの「運命」というものがあるなら,この現代に絶対に抗いようのない「何か」があるなら,ボランティアってなんだろう。

バングラのストリートチルドレンも「運命」で仕方のないもの?

その運命には抗えない?

自分は,人は生まれながらに平等で,機会の平等になければならない。と思っている。だからこの道を選んだ。できるだけ,機会を平等に近づけることができるようになりたいとも思った。

でも,彼はもはや僕らになれないし,僕らも「彼」にはなれない。

そこには絶対的な何かが存在し,「位」という言葉で表現された。

この時代に。

「彼」だから特別な彼:「彼」でなければ「特別」でない彼と,「自分」であるがゆえに,生まれながらに自分として「特別」な自分。

自分は後者でよかった。

だから,「特別」な自分である自分を精一杯生きよう。

*********************************************************************************************************

今日は,アジア飲み
でした!!

地域的には近いけど,話したことがない人が多く,ベテラン勢も多かったので楽しかった。もっと話したいこと,話したい人はたくさんいる。
新しい刺激をもらい,自分が考えたこと,思ってきたことを話せるのは本当に幸せだし,楽しいです

こんだけ,素敵な人たちがいたら時間はいくらあっても足りない

そんな中,明日は語学交流会です。
ベンガル人のゲストが来て,1日ベンガル語を話さなければなりません

コメント

ボランティアとかそんな事を言って、選べる自分らは、
かなりの贅沢者だね。
明日からも、がんばろう☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryojiwavering.dtiblog.com/tb.php/19-efef5e88