プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

ふと

思い出した。

chaineseレストランで出会った日本語べらべら家族。
しっかり,ダワット(招待)に甘えさせていただきました。
お家にお邪魔して,たくさんお話しました。
しばしば,日本語。けど,こっちがベンガル語を勉強中と旨を伝えると,ベンガル語で話してくれました。
今は,ダワットしてくれたご夫婦の旦那さんの母親が1人で住むという家で,時にはお兄さんが戻って来るとのこと。紹介もするし,いつでも来て良いって言ってくれた。

本当にありがたい。

そして,話は出会った日のことに。
最初に気づいてくれたのは娘さんだそうで,人生の大半を日本で過ごした娘さんは日本語に餓えてたそうです。
僕を見た瞬間,中国人か韓国人か,日本人か迷って,けど,聞くのは恥ずかしくて…

って中で,決めてになったのは,着ていたポロシャツ。

そう言えば,あの日。
僕は,KTCで作った班ポロシャツを着ていました。
その背中には,世界各地の「ありがとう」が,そして,1番上には,日本語の「ありがとう」の文字が。

http://9.dtiblog.com/r/ryojiwavering/file/



KTCの思い出が作ってくれた出会いでした。

***********************************************************************

昨日のこと,授業の感想も含めて,カウンターパートに言ってみました。

せっかく客観的な目があるのに黙ってても意味ないし,何より,それが自分の仕事なので。
「授業中の携帯や雑談は,良くない。ルールとか,罰じゃなく,一般常識だお思う。」

軽い相談のつもりだったので,その場限りのつもりでした。ただ,嬉しかったのは,自分の拙いにも程があるベンガル語を一生懸命聞き,理解してくれようとしたこと。
PTIの中では比較的若く見えるTRAINERですが,こんな若造の言葉に耳を傾けてくれました。

けど,事態は思わぬ方向に…
TRAINEEたちが何人か用で入ってきて,カウンターパートがそれを呼び,「ryojiからこんな指摘があったぞ」
みたいなことを,自分にも分かるくらいのわかりやすいベンガル語で伝えてくれます。

TRAINEEたちの反応はまちまち。
若干批判めいた目でこっちを見る人。驚いた顔で見る人。
「後ろからじゃ見えないんだ」って言ってたし。…確かに。

そこで,他のTRAINER,カウンターパートを巻き込んでの論争が繰り広げられました。ベンガル語の論争なので,分からないこと多々ですが,少しずつ話がずれていっているのは何となく分かります。

けど,これだけはいっとかなきゃと思い。
「一番問題なのは,その場に“子どもがいた”ということ。大人がやっているのを見れば,それを良しとして,真似しますよ?」みたいなことを言って終わりにしました。最後,どんな形で終わったかは分かりませんが,言いたいことは言えたし,その場の人たちには伝わったと思うので,満足です。
心なしか,今日の授業は静かだったし。

あと,最後に「日本では携帯はどうしてるんだ?」と聞かれ,
「日本じゃ教員は教室に携帯を持って行かないんだ」って言ったら,本気で驚いてました。

昨日,「子ども以前」と書いたけど,(極力)客観的な視点から見て,必要と思ったことを少しずつでも,受け止めてもらおうことができるよう指摘することができたのなら,それが,子どもの教育へとつながっていくのかなと思いました。


帰り際,カウンターパートの目が心なしか,いつもより優しかった気がします。

ゆっくり,ゆっくり,積み重ねていきたいなと思いました。


コメント

アステアステ

ポロシャツ

ポロシャツ作っておいて良かったね〜!
世界中でみんなが着てるかと思うと、なんか不思議な感覚です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryojiwavering.dtiblog.com/tb.php/44-4ec834d5