プロフィール
ryo-ji
  • 作者:ryo-ji
  • 元・バングラ協力隊員です。
    ブログは残しながら,日本でのこと,ちょこちょこ書いていきたいと思います。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

Search

ケノ?

内容とは一切関係ないですが,ふと思い出したTraineeの女性とのある日の会話。

「ryoji〜良いペン持ってるね〜」
「ちょうだい。」

日本のペンが貴重であること,どっちかと言うとケチで人に物をあげることに消極的な自分,てか,そもそもなんであげなきゃいけないのか分からない。
以上の理由から。

「やだ」

他の人にもあげなきゃいけなくなっちゃうしね〜。


「ケノ?」(なんで?)

「いや,使いたいから。」

「ケノ?ちょうだいよ」

う〜ん…
結局あげなかったのですが,正直呆然でした。


***********************************************************************

さて,今日は夜からカウンターパートのお家にダワット。

…って言っても,連絡したのは自分からで,しかも,今活動として取り組んでいる算数のドリル作りについてアドバイスというか,コメントをもらいたかったから。
つまり,仕事のために休日に家にお邪魔するっていう,なんとも迷惑な話なんです。それを気にしてはいたけど,電話をしたらすごい喜んでくれたので,「まいっか」って 笑
こっちでは,ベンガル人これでもかって頻繁に電話で連絡を取り合ってます。まるで携帯を買ったばかりの中学生みたいな。今では死語になってる,「ワン切り」もあったり。実際,バングラでは固定電話を見る機会はほとんどないし,感覚的にはそれに近いものがあるのかも知れません。また,ベンガル人の私的空間の狭さ,人と人との距離の近さ(良くも悪くも)も,影響してるのかもしれません。

家には,ドリルの対象学年の2年生もいて,指示内容がどう言ったら伝わるかとかを中心に話し合いました。けど,具体的内容とまではいかず,「伝えること」「共有すること」の難しさ,自分の語学力のなさを改めて痛感しました。

そんな感じで,ご飯をごちそうに☆
日本の「いただきます」「ごちそうさま」の意味を教えました。「いただきます」を食事に関わる全ての人・物・生き物に感謝するんだよ」って伝えると「それは良い言葉だね!!」って☆僕も改めて,良い言葉だなと思いました。
普段,意識しないでいても,人に伝えることで改めて認識できるなって思います。これも,海外での生活の特典でしょうか。

最近ホテル(レストラン)での食事が多かったので,本当においしく感じました。バングラでは,間違いなく,ホテルよりも家庭料理の方がおいしいです!
その感想をそのまま伝え,トルカリの作り方を教えてもらう約束をして,だんなさんが帰ってくると,宗教(豚&酒)の話に。
〈豚編〉
「なんで豚を食べてはいけないの?」

「いくつか理由はあるけど,一つは脂肪分が多くて健康に良くないし,血液にも悪いから。
「日本人は何を食べるとか,食べないとか,自分で考えてやらなきゃいけないいんだろ?」
「ムスリマンは良いか悪いかコーランに載ってるから,考えなくても良いんだよ。」

〈酒編〉
「ryojiは酒を飲むのか」

「もちろん飲む。大好き。」
(カウンターパート絶句)
「なんで飲むの??飲むとふらふらになるでしょ!?体にも良くないし。何が良いの?」

「おいしいし,飲むと楽しいんだ。それに,日本では,ほどほどの酒は体に良いって言われてるんだよ。」
(カウンターパート絶句)

「ボリシャルでもムスリマン酒飲んでるでしょ?」

「飲んでるけど,それは悪い人たちだ。ryojiのことは好きだけど,酒を飲むのは良くない。」
「ryojiはもう,酒は飲みません」

「けど,飲まなかった生きてけないよ」
(カウンターパート絶句)


…と,そんな感じの話をして遅くなったので帰りましたとさ。

ボリシャルlife |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する